三軒茶屋の皮膚科なら
みんなのクリニック 三軒茶屋
三軒茶屋地域の患者様に寄り添う皮膚科

三軒茶屋みんなのクリニック 皮膚科 診療内容

皮膚科疾患を総合的に診察しています。
やけどや、蕁麻疹(じんましん)、ニキビ、アトピー、魚の目、水虫、あかぎれなどの症状の方は当院の皮膚科にお越しください。
患者様の症状にあわせた治療薬の選択や生活に関するアドバイスを行っております。

 

写真で見る皮膚科の症状

蕁麻疹

【症状】

蕁麻疹は、蚊に刺されたような赤いふくらみが体の一部や全体に広がります。特に肌にかゆみやチクチクとした痛みを感じる場合や繰り返す蕁麻疹の場合は受診をおすすめします。

【治療方法】

じんましんの治療は主に抗ヒスタミン剤や抗アレルギー剤の内服(飲み薬)です。

症状体質によって、お薬のコントロールをしていきます。

▼腕にできた蕁麻疹

ニキビ

【症状】

ニキビは顔や背と胸などに見られる発疹の一つです。

この発疹は、皮脂が毛穴にたまり、炎症を起こしたものです。ニキビには大きく言うと3種類あり、「白ニキビ」「黒ニキビ」「赤ニキビ」があります。

白・黒ニキビは、皮脂が溜まっているだけですが、赤ニキビは雑菌が繁殖してますので、早めに治療をおすすめします。

【治療方法】

繁殖している雑菌を殺す作用がある塗り薬を使用しながら、患部を清潔に保つことが基本です。場合によっては内服する薬も使うことがあります。

▼顔にできた白ニキビ

アトピー

【症状】

アトピーはアレルギー反応と関連があるもののうち皮膚の炎症(湿疹など)を伴うものです。アレルギーを起こしやすい体質の人や、皮膚の弱い方が多く発症します。

以下のような症状があればアトピー性皮膚炎の可能性が高いです。

・赤みがある

・引っかくと液体が出てくる(ジュクジュクしてる)

・ごわごわ硬くなって盛り上がる(症状が長引いた場合)

・左右対称にできることが多い

・額(おでこ)、口のまわり、目のまわり、耳のまわり、わき、首、手足の関節の内側などに出やすい

【治療方法】

ステロイド塗り薬か、免疫抑制薬の塗り薬のどちらが主な治療方法です。薬には強さの段階があって、弱い→弱め→強→とても強い→最強の5段階です。年齢や症状に合わせて使い分けて治療をしていきます。

▼腕にできたアトピー性皮膚炎
(左右対称にできている)

やけど

【症状】

専門用語では「熱傷」といいます。やけどは大きく分けて3段階あり、それぞれ治療方法が異なります。

【治療方法】

Ⅰ度のやけどの場合

損傷が一番軽い場合です。炎症を抑える軟膏を用いながら自然治癒をめざします。

Ⅱ度熱傷の場合

損傷が皮膚の奥まで進んでおり、水ぶくれが起こります。患部から感染すると厄介なので、感染予防を意識した軟膏・内服薬などの使用も行います。

Ⅲ度のやけどの場合

自然治癒することは原則ありません。ここまでくると痛みも感じない場合があります。専門的な治療が必要になりますので、大きな病院を紹介させて頂く場合があります。

▼湯たんぽで脚にできたやけど(Ⅱ度熱傷)

水虫

【症状】

水虫は、真菌(カビ)で感染する皮膚病です。かゆみや水ぶくれ、皮がむけるなどの症状が出ます。足だけでなく・爪の中や・手指・陰部(=いんきんたむし)に感染してしまうケースもあります。症状に合わせた適切な薬やアドバイスをもらいながら治すのが完治への近道です。

【治療方法】

患部を清潔にすることに気をつけながら、殺菌作用がある塗り薬で治療していくのがスタンダードなやり方です。どの部位に感染したかで、薬の種類が違います。

また、飲み薬という選択肢もあります。当院では、状況に合わせて治療法を提示させて頂きます。

▼爪の中にできた水虫 ▼脇の下に感染した水虫

あかぎれ

【症状】

 あかぎれ・手湿疹は、手足の乾燥により肌に亀裂の入った状態のうち「ひび」より重度な症状のものを指します。出血が伴う場合もあり、日常生活に支障が出るため、診察のうえ有効な薬を処方してもらうことをおすすめします。

【治療方法】

日常生活においては、水にあまり触れないように、手袋をはめるなど工夫をする必要があります。

治療の基本方針は保湿ですので、保湿クリームを処方します。ひどいあかぎれの場合は、ステロイド外用剤を使用することもあります。

イボ(尋常性疣贅)

【症状】

最も多くみられるイボです。実はウイルスによって引き起こされており、感染性があります。

硬く突起しており、円形をしているものが多いです。っ初めは小さく少し盛り上がっているかな?という状態ですが、次第に大きくなり、ざらつくようになります。

首や口にできることもありますが、基本的には、足の裏・手指にできやすいです。

【治療方法】

凍結治療が一般的です。

液体窒素を「めん棒」などに含ませてイボに押し当て、患部の細胞組織にダメージを与えます。患部の免疫力を活性化する作用もあり、1週間に1回ほどの通院を2か月~3ヵ月して頂きます。場合によっては半年~1年くらい完治までかかる場合もあります。

▼足の裏にできたイボ    手指にできたイボ▼

老人性イボ

【症状】

皮膚の老化現象の一つです。感染性はないです。顔や体、手に見られます。濃さは色々ですが、茶色~黒の間の色です。表面が少しざらざらしてます。

【治療方法】

イボ(尋常性疣贅)と同じように凍結治療が一般的です。

▼顔にできた老人性イボ

三軒茶屋の皮膚科

にきび

にきびとは、肌の皮脂が過剰に分泌され毛穴の周りの角質が分厚くなり、毛穴が詰まることで発症します。傷跡が残らないよう、症状にあった治療をしましょう。

アトピー

アトピーとは、アレルギー体質の人に起きやすい症状であり、症状が回復しても、何度も再発を繰り返すのが特徴です。皮脂の分泌が少なく、保水力が弱い状態で刺激に敏感になっています。

肌荒れ

肌荒れとは、皮膚の表面の角質層を覆う皮脂量の低下により、肌が乾燥状態になることです。一般的は、乾燥でのかさつきやニキビなども肌荒れの分類に入ります。

乾癬(かんせん)

皮膚に赤い発疹ができ、表面がかさぶたのようにはがれ落ちる皮膚病のこと。体質とストレスや食生活などの環境が重なり合って発症すると考えられます。

イボ(尋常性疣贅)

ヒト乳頭腫ウイルスに感染してできるイボのこと。他人にはあまり感染しませんが、
自分の皮膚に感染することがあるので
早めに医師に相談しましょう。

陰部のトラブル

誰にでも起こりうる 「かゆみ」
のような比較的軽度な症状から、

「がん」のような重度な病気まで
さまざまなトラブルが存在します。

口唇ヘルペス

口唇ヘルペスとは、口の周りが赤く腫れて水ぶくれができる感染症です。再発があり、前兆として口回りがチクチクするなど、かゆみや火照りが感じられたら再発のサインです。

プラセンタ・ビタミン注射

この二つの注射には、
アンチエイジング効果が期待されます。
お肌の調子を整える注射で、忙しくてお肌の
お手入れの時間もない方におすすめです。

手荒れ

水仕事をする主婦の方や、
元々皮膚が弱い方は、手荒れしやすいです。
特に寒い冬は、皮膚の新陳代謝も低下し
汗も少ないのでダメージを受けやすいです。

皮膚科の診療内容をもっと見る

日焼け

日焼けとは、紫外線を浴びることで皮膚に負担がかかり、炎症をおこしたり皮膚の色が黒く変化すること。紫外線を浴びすぎることで、皮膚がんになる可能性が高まると言われています。

水虫

水虫とは、白癬菌(はくせんきん)と呼ばれる

カビが皮膚に入り込み、皮膚に異常が見られる病気。多くの症状があり、感染力が高いことでよく知られています。

老人性疣贅(脂漏性角化症)

老人性いぼとも呼ばれる脂漏性角化症、早ければ20~30代の若い頃から出現し、加齢と共に増えていきます。当院では脂漏性角化症の治療・ご相談も受付中です。

あせも

赤いぶつぶつができ、かゆみを伴う症状のことを言います。汗を出す汗管ががつまることが原因でかゆみが出る場合もありますが、高温多湿な環境で運動したときなども起こり得ます。

かぶれ(脂漏性皮膚炎)

刺激が強い物に肌が触れることでだんだん赤くなり、かゆみや水ぶくれが発症します。

誰にでも起こる症状であり、

身の回りのほとんどの物が原因となります。

湿疹

水虫とは、白癬菌(はくせんきん)と呼ばれる

カビが皮膚に入り込み、皮膚に異常が見られる病気。多くの症状があり、感染力が高いことでよく知られています。

とびひ

とびひには二種類ありますが、

どちらも水ぶくれの中の菌が拡散し、

その菌が触れた場所で急速に症状が広がります。

他人にも感染するので注意しましょう。

帯状疱疹

帯状疱疹とは、ヘルペスウイルスの一種の感染からきており、神経に沿って発症するため体の片側にだけ痛みのを伴ったかゆみの症状がでます。一度感染するとその後一生感染しません。

じんましん

じんましんとは、蚊に刺されたように

赤くぽつっとしたものができ、

それがだんだん広がっていきます。特徴としては、

跡形もなく消えてしまう点があります。

◯ 受付は診察終了時間の15分前までとさせて頂きます。
◯ 診察のご予約は受け付けておりません。
◯ 健康診断は9時〜と9時半〜の1日2枠で予約制となっています。

診療時間 日・祝
9:00-10:00 健康診断のみ -
10:00-13:00 -
14:30-18:30 皮膚科
専門外来
- -

※休診日:土曜午後・日曜・祝日

院長
鳥越 義博(順天堂大学付属医院 非常勤助教)
内科 非常勤医師
木村 佳貴(帝京大学医学部内科所属)
皮膚科 担当医
川添 貴弘(帝京大学附属病院 皮膚科非常勤)
住所
〒154-0011 
東京都世田谷区上馬2-29-20 戸矢ビル1F

三軒茶屋の皮膚科【みんなのクリニック 三軒茶屋】三軒茶屋の皮膚科外来

三軒茶屋の皮膚科【みんなのクリニック 三軒茶屋】三軒茶屋の皮膚科外来の地図

交通
東急田園都市線【三軒茶屋駅】徒歩7分
医療連携先
国立病院機構 東京医療センター
東邦大学医療センター大橋病院
世田谷区保健センター(CT・MRI完備) 他

三軒茶屋の皮膚科 みんなのクリニック 三軒茶屋【皮膚科専門外来】

三軒茶屋の皮膚科【皮膚科専門外来】

〒154-0011 東京都世田谷区上馬2-29-20 戸矢ビル1F
TEL: 03-6453-2390 / FAX:03-6453-2391

三軒茶屋の皮膚科|みんなのクリニック 三軒茶屋【皮膚科専門外来】へのアクセス