三軒茶屋の内科なら
みんなのクリニック 三軒茶屋
三軒茶屋地域の患者様に寄り添う内科

三軒茶屋みんなのクリニック総合内科 診療内容

内科全般 (呼吸器・循環器など)

頭痛

頭痛の原因は様々ですが、特に明確な病気があるわけではないのに繰り返し起こる頭痛(=一次性頭痛)と、病気が原因であらわれる頭痛(=二次性頭痛)に大別できます。

インフルエンザ

インフルエンザは普通のかぜとは異なり、突然の38℃以上の「高熱」や、関節痛、筋肉痛、頭痛などの他、全身倦怠感、食欲不振などの「全身症状」が強く現れるのが特徴です。

インフルエンザ予防接種

インフルエンザの予防接種を受け付けています。予約不要ですので、早めの接種をおすすめします。

胃腸炎

胃と腸に炎症が起きている状態。胃腸炎の原因の大半は細菌やウイルスによる感染性のものですが、食中毒などもその一種です。感染経路を理解し、しっかりと予防する必要があります。

喘息

喘息の人の気道は、症状がないときでも常に炎症をおこしており、健康な人に比べて気道が狭くなって空気が通りにくくなっています。わずかな刺激も発作がおきてしまいます。

アレルギー性鼻炎

アレルギー性鼻炎・花粉症の代表的な症状は鼻水、鼻づまり、くしゃみなどの3大症状に加え、目のかゆみなどがあります。当院ではアレルギー性鼻炎の治療も行っております。

内科の診療内容をもっと見る

B型肝炎予防接種

B型肝炎とは、B型肝炎ウイルスに感染することで起きる肝臓の病気です。
B型肝炎が慢性化した場合、慢性肝炎や肝硬変、肝臓癌が起きることがあります。

花粉症

花粉症(季節性アレルギー性鼻炎)の代表的な症状は鼻水、鼻づまり、くしゃみなどの3大症状に加え、目のかゆみなどがあります。当院では花粉症の治療も行っております。

発熱

発熱とは、細菌やウイルスなどの感染症から身体を守る仕組みです。細菌やウイルスなどの病原体が体内に侵入すると、白血球などの免疫細胞が敵を認識して攻撃し、身体の中で炎症が起こります。

B型肝炎予防接種

B型肝炎とは、B型肝炎ウイルスに感染することで起きる肝臓の病気です。
B型肝炎が慢性化した場合、慢性肝炎や肝硬変、
肝臓癌が起きることがあります。

肺炎球菌ワクチン

肺炎球菌感染症とは、肺炎球菌という細菌によって引き起こされる病気です。この菌は、唾液などを通じて飛沫感染します。日本人の約3~5%の高齢者では、鼻や喉の奥に菌が常在しているとされます。

胃炎

「胃の調子がおかしい」「胃がもたれたように重い」など気になっている人は胃炎の可能性があります。胃炎は放置するとさまざまな悪影響をおよぼすでしょう。

便秘

一般的に、大腸内の排泄物(便)の通過が遅くなったり、排便が順調に行われない状態のことをいいます。3日間排便がない状態が続いたら、
便秘と思って良いでしょう。

貧血

貧血とは、赤血球の数や血中ヘモグロビン濃度が基準値よりも低い状態を言います。実は、「貧血」は病名ではなく症状を表す言葉であり、病名になると「○○性貧血」という名称となります。

風邪

ウイルスの感染によって引き起こされる上気道(鼻から喉にかけての気道)を中心とした急性炎症です。
原因の80~90%はウイルス
によるものです。

インフルエンザ検査

医療機関を受診すれば簡単な検査でインフルエンザかどうかを調べることができます。検査の主流は、A型・B型ウイルスの判別が可能な「迅速抗原検出キット」による検査です。

咳は、ウィルス、ほこり、煙、食べ物などの異物から、肺、気管、気管支を守るために行われる防御反応です。咳を出すことにより、少しでも菌を
体から出そうとしているのです。

胃の痛み

胃酸の分泌が過多になり、胃粘膜が傷んだ状態が
長く続くと、胃粘膜が炎症を起こす「胃炎」や、
胃粘膜に潰瘍(かいよう)ができる
「胃潰瘍」になることもあります。

下痢

一般的には水分の多い液状便または
それに近い状態の便を、たびたび排泄する状態を「下痢」とよんでいます。
主に消化機能の異常が原因で起こる症状です。

腹痛

腹痛とは、体内での異常を知らせるために、痛みを情報として発信しおこる症状です。例をあげると
腹痛には大きく分けて内臓痛、体性痛、関連痛
の3つがあります。

内視鏡

先端に小型カメラ (CCD) またはレンズを内蔵した太さ1cm程の細長い管を口あるいは肛門より挿入し、食道、胃、十二指腸や大腸の内部を観察し、
時には治療を行うものです。

胃カメラ

正式には「上部消化管内視鏡検査」
と呼ばれる検査の事を指します。
胃がんや潰瘍の疑いがある場合に
最終検査として行われます。

生活習慣病

高血圧

血圧が異常に高くなっている疾患自覚症状がほとんどありません。
気づかないまま放っておくと、動脈硬化が進んで、心筋梗塞や脳梗塞を起こしたりします。

糖尿病

糖尿病はインスリンの作用が十分でないためブドウ糖が有効に使われずに、
血糖値が高くなっている状態のことです。放置すると全身にさまざまな影響が出てきます。

脂質異常症

「悪玉」と呼ばれるLDLコレステロールが増えたり、「善玉」のHDLコレステロールが減ったりした状態のことをいいます。放っておくと深刻な病気を引き起こす可能性があります。

◯ 受付は診察終了時間の15分前までとさせて頂きます。
◯ 診察のご予約は受け付けておりません。
◯ 健康診断は9時〜と9時半〜の1日2枠で予約制となっています。

診療時間 日・祝
9:00-10:00 健康診断のみ -
10:00-13:00 -
14:30-18:30 皮膚科
専門外来
- -

※休診日:土曜午後・日曜・祝日

院長
鳥越 義博(順天堂大学付属医院 非常勤助教)
内科 非常勤医師
木村 佳貴(帝京大学医学部内科所属)
皮膚科 担当医
川添 貴弘(帝京大学附属病院 皮膚科非常勤)
住所
〒154-0011 
東京都世田谷区上馬2-29-20 戸矢ビル1F

地図

交通
東急田園都市線【三軒茶屋駅】徒歩7分
医療連携先
国立病院機構 東京医療センター
東邦大学医療センター大橋病院
世田谷区保健センター(CT・MRI完備)他

三軒茶屋の内科|みんなのクリニック 三軒茶屋

三軒茶屋の内科

〒154-0011 東京都世田谷区上馬2-29-20 戸矢ビル1F
TEL: 03-6453-2390 / FAX:03-6453-2391

三軒茶屋の内科|みんなのクリニック 三軒茶屋へのアクセス