高血圧

高血圧について

高血圧とは

高血圧症とは、血液の圧力が強くなり血管に負荷がかかり続けている状態です。

WHO(世界保健機関)のガイドラインでは、診察室で測定した血圧(病院・診療所等で医師・看護師により測定された血圧)が140/90mmHg以上、家庭で測定した血圧が135/85mmHg以上を、「高血圧」としています。

 

高血圧の自覚症状

高血圧は「サイレントキラー」と呼ばれ、自覚症状がないまま進行し、命に直結するような重大な合併症を引き起こす病気です。症状を自覚する頃にはだいぶ進行している可能性があります。

次のような症状があれば早めにご相談ください。
・頭痛 ・目の充血 ・出血 ・耳鳴り ・めまい ・肩こり
・しびれ ・胸痛 ・動悸 ・呼吸困難 ・むくみ

高血圧によるリスク

血圧が高い状態が続くと全身を巡る血管や心臓に負担がかかり、自覚症状がなくても動脈硬化や心臓肥大が進みます。その結果、脳出血、脳梗塞や心筋梗塞、心不全、不整脈、動脈瘤、腎不全など、命に関わる病気に繋がります。

高血圧の治療について

目標降圧値は人によって違います。
年齢や持ち合わせている合併症(糖尿病、腎臓病、心疾患、脳血管疾患など)によりリスクが異なるため、降圧薬内服開始の目安は変わってきます。
また、治療の基本は食事・運動療法です。「治療=くすり」ではありません。

重症の高血圧であれば、生活習慣の改善をはかるとともに薬物療法も同時に行っていきますが軽症の高血圧であればまず生活習慣の改善を試みて、それだけでは十分な効果が得られない場合に薬物療法を開始します。

健診で140/90mmHg以上、または家庭で135/85mmHg以上であればまず一度ご相談ください。

高血圧は重症になるまでほとんど自覚症状がないため放置されてしまいがちですが、危険な合併症を防ぐためにも早期に受診し血圧をコントロールしていく事が大切です。
また、生活習慣によるもの以外にもホルモン分泌異常、腎臓疾患、薬剤の副作用などが原因で起こる二次性高血圧が隠れている場合もありますので、まずは受診することをお勧めします。

◯ 受付は診察終了時間の15分前までとさせて頂きます。
◯ 診察のご予約は受け付けておりません。
◯ 健康診断は9時〜と9時半〜の1日2枠で予約制となっています。

診療時間 日・祝
9:00-10:00 健康診断のみ -
10:00-13:00 -
14:30-18:30 皮膚科
専門外来
- -

※休診日:土曜午後・日曜・祝日

院長
鳥越 義博(順天堂大学付属医院 非常勤助教)
内科 非常勤医師
木村 佳貴(帝京大学医学部内科所属)
皮膚科 担当医
川添 貴弘(帝京大学附属病院 皮膚科非常勤)
住所
〒154-0011 
東京都世田谷区上馬2-29-20 戸矢ビル1F

地図

交通
東急田園都市線【三軒茶屋駅】徒歩7分
医療連携先
国立病院機構 東京医療センター
東邦大学医療センター大橋病院
世田谷区保健センター(CT・MRI完備) 他

医療法人社団花橘会 みんなのクリニック 三軒茶屋

三軒茶屋の内科・リウマチ・膠原病内科・皮膚科

診療のご相談

0120-641-241

〒154-0011 東京都世田谷区上馬2-29-20 戸矢ビル1F
TEL: 03-6453-2390 / FAX:03-6453-2391

対応可能な診療内容

みんなのクリニック 三軒茶屋へのアクセス